(社)日本ITFテコンドー協会について

協会役員挨拶About ITF Japan

会長挨拶

会長

新年度、新学期が始まり、日本ITFテコンドー協会会員の皆様におかれましては各方面でいっそうご活躍のこととお喜び申し上げます。
さて、私こと忠岡信彦は、このほど日本ITFテコンドー協会会長に就任致しました。ここに謹んでご挨拶申し上げます。

 本協会の目的は会員の皆様にとってより快適なテコンドー修練の環境を作り上げ、日本中にテコンドー精神を普及させるよう努めていく事にあります。理事・役員一同、一致協力して、皆様の声を大切にしながらこのような環境を整えられるよう、運営してまいりたいと思います。

 今後は努力の汗をかき、微力ながら協会のいっそうの発展に尽くす覚悟でおります。至らない点も多いかと思いますが、これからも会員の皆様の変わらぬご支援ご協力をお願い申し上げます。

忠岡 信彦
1958年5月23日生

学歴および職歴

  • 1977年 3月 学習院高等科卒業
  • 1978年 4月 東京慈恵会医科大学入学
  • 1984年 3月 東京慈恵会医科大学卒業
  • 1984年 5月 第77回医師国家試験合格     (医籍登録番号 第284728号)
  • 1984年 5月 東京慈恵会医科大学付属病院にて外科研修開始
  • 1986年 4月 同上修了
  • 1986年 5月 東京慈恵会医科大学外科学教室医員
  • 1989年 1月 東京慈恵会医科大学外科学教室助手
  • 1991年11月 医学博士の学位受領
  • 1997年11月 東京慈恵会医科大学外科学教室講師 (専門は胃癌の外科的治療)
  • 2000年 5月 同上退職
  • 2000年 7月 千葉県市川市にて胃腸科・外科医院開業(継承)現在に至る。

 

その他 (所属学会名・役職等)

  • 日本外科学会、日本癌治療学会、日本胃癌学会、
  • International Gastric Cancer Association
  • 日本外科学会認定医(第3274号)    日本外科学会指導医(第515号)

 

賞罰

1993年度 東京慈恵会医科大学外科学教室 最高研究者賞

武道歴

  • 1974年~75年 和道流空手を学ぶ     
  • 1978年~84年 東京慈恵会医科大学  空手道部在籍
  • 1987年      静岡県清水市で少林寺拳法を学ぶ
  • 2004年5月 ITFテコンドー(キムズジム用賀)入門 
  • 2008年3月 昇段

理事長挨拶

理事長

私は、常々、混迷する社会において、特に未来の担い手である若者層に対し、真の武道教育を推進することは非常に有益であると考えています。

それは、真の武道教育が、健全な肉体と精神を備える道であり、延いては、正義と道徳、信義と人道主義が賛同される平和な人類社会を築く道に他ならないからです。

テコンドーは礼儀、廉恥、忍耐、克己、百折不屈という人として標榜されるべき五大精神を提唱しています。

私は、テコンドー指導者は、華麗且つ魅力的、そして、理論的且つ科学的な技量を備え持つことも然ることながら、それ以上に、この五大精神を培う努力が、教わる側を常に凌駕していなければならないと考えます。

同時に、人類社会の平和に寄与する基本姿勢となる連帯精神、言いかえれば政治、思想、人種、民族、宗教などのイデオロギーの異なりに誰よりも寛容であり続けなければならないと当然に考えます。

ここ数年を振り返って見ると、世の武道指導者と呼ばれる者の中には、克己精神を逸脱し、悍ましい暴行窃盗事件を起こす者がいるかと思えば、他人を誹謗中傷し、他の組織や個人の名誉を著しく棄損させるなどの悪習を抱える者がいたり、はたまた、他人の領域に了承を得ず勝手に侵入するなど…傲慢無礼で破廉恥極まりない者が後を絶ちませんでした。

現在、わが協会は、まだ、発展途上中の段階にあると考えていますが、少なくとも、学識豊富、且つ礼節正しき者が先頭に立つ団体であり、また、指導陣たちの弛まぬ努力を以て内的弊害をもたらす問題の解決に心血を注ぐ気風のある団体として成長を遂げて来たと思っています。

このような組織基盤が整われてきたことを私は何よりも誇らしく思い、これからも、上記したような反社会的似非指導者がわが団体内に一時も現れないよう、指導陣一同が弛まぬ努力をして参らなければならないと考えます。

具体的には、テコンドーを愛好し、家族と地域社会の発展の為、自身を社会において主軸に値する存在と認識し、人生の楽しみ方を知り、そして精神修養と技術向上に対し、真摯に取り組む立派な武道家を育成することに他なりません。

私はテコンドーを以て人々に健康と幸福、そして国際平和の重要性を知らしめるべく、この世界武道を先進国であり武道大国と呼ばれるこの日本の地で、100を超える他のテコンドー普及諸国の団体に比べ、より大きく堅固な団体として築いて行かなければならないと考えている一方、それ以上に人の品位の向上が常に優先されるべきであるとも考えています。

品位なき拡張は傍若無人な輩を生み、世に弊害をもたらす反社会的拡張行為となるからです。

このような考えを基本方針に定めるところでありますが、関係者各位に於いては、これまで同様、これからも何卒、相変わらぬご支援とご鞭撻の程をよろしくお願い申し上げます。

(社)日本ITFテコンドー協会 理事長
金 省徳(Kim Seong-Deok)
2014年5月吉日


会則 >>